Swiftpack.co - Package - swift-tweets/swtws

swtws

Swift Tweets の発表者用コマンドラインツールです。

Tweet file format

こちらのようなフォーマットで記述された発表ツイートのテキストファイルを用意して下さい。 Character encoding は UTF-8 必須 です。

ファイルの拡張子は .tw が推奨です。

How to build

このリポジトリをクローンし、 Swift Package Manager を使ってビルドします。

git clone https://github.com/swift-tweets/swtws.git
cd swtws
swift build

How to use

上記の手順で .build/debug/swtwsswtws のバイナリができあがります。必要に応じてパスを通すなどして下さい。

sample.tw というファイルに対して、フォーマットのエラーなくパースに成功するかをチェックするには次のようにコマンドを実行します。

# パスを通した場合
swtws check sample.tw

# パスを通さない場合
.build/debug/swtws check sample.tw

-c または --count オプションでツイートの数を表示することができます。

swtws check --count sample.tw

実際に Twitter に投稿するには swtws presentation を実行します。

swtws presentation sample.tw

ただし、 Twitter や Gist に投稿するためにトークンを指定する必要があります。 Twitter については --twitter オプションを、 Gist (GitHub) については --github オプションを使います。これらのオプションを使ってトークンを指定する方法の詳細は How to upload resources in advance を御覧下さい。

デフォルトでは 30 秒間隔でツイートされますが、 --interval オプションを使って間隔を変更することもできます。たとえば、 15 秒間隔にするには次のように指定します。

swtws presentation --interval 15.0 sample.tw

How to update

swtws コマンドをアップデートするには最新版を git pull してビルドするだけでなく、依存ライブラリもアップデートするために、ビルド前に swift package update を実行して下さい。

git pull
swift package update
swift build

How to get tokens

swtws を使って Twitter や Gist に投稿するためには各種 token を取得する必要があります。

Twitter

次の四つが必要です。

  • Consumer Key
  • Consumer Secret
  • Access Token
  • Access Token Secret

取得方法については下記ページが参考になります。

GitHub

Personal Access Token が必要です。下記ページの手順で取得可能です。

How to upload resources in advance

プレゼンテーション本番での技術的な失敗を可能な限り減らすために、事前にリソースをアップロードしておくことをオススメします。

事前処理は三つのステップに分かれており、それぞれ resolve-code, resolve-gist, resolve-image のサブコマンドを利用します。一つのステップごとにアップロードしたリソース等を直接利用できるように tw ファイルが書き変えられます。ここでは、次のような tw ファイルがあったとして、それがどのように書き変えられるかを例示します。

例:この tw 形式のツイートがどのように変化するか示します。

```swift:hello.swift
print("Hello")
```

Post codes to Gist

swtws resolve-code コマンドを使って tw ファイルに記述されたコードを事前に Gist に投稿することができます。 Gist に投稿するには --github オプションで GitHub の Personal Access Token を指定する必要があります。下記の例では ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff が Access Token に当たります。

tw ファイル中のコードをリンクと画像に置き換えた結果が標準出力に書き出されるので、 > path/to/output.tw のようにして結果を保存して下さい。

swtws resolve-code --github ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff path/to/tweets.tw > path/to/output.tw
例:この tw 形式のツイートがどのように変化するか示します。

https://gist.github.com/0000000000000000000000000000000000000000

![](gist:0000000000000000000000000000000000000000)

Write codes on Gist as images

swtws resolve-gist コマンドを使って tw ファイルに記述された ![](gist:0000000000000000000000000000000000000000) 形式の画像を生成し、ローカルファイルとして保存することができます。保存先ディレクトリを --image-output オプションで指定する必要があります。

tw ファイル中の ![](gist:0000000000000000000000000000000000000000)![](output/directory/path/image.png) に置き換えた結果が標準出力に書き出されるので、 > path/to/output.tw のようにして結果を保存して下さい。

swtws resolve-gist --image-output output/directory/path path/to/tweets.tw > path/to/output.tw
例:この tw 形式のツイートがどのように変化するか示します。

https://gist.github.com/0000000000000000000000000000000000000000

![](output/directory/path/image.png)

Upload images to Twitter

swtws resolve-image コマンドを使って tw ファイルに記述された画像を事前に Twitter にアップロードすることができます。 Twitter にアップロードするには --twitter オプションで Consumer Key, Consumer Secret, Access Token, Access Token Secret, 区切りで指定する必要があります。下記の例ではそれぞれ WWWWWWWWWWWWWWWWWWWW, XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX, YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY, ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ に当たります。

tw ファイル中のコードをリンクと画像に置き換えた結果が標準出力に書き出されるので、 > path/to/output.tw のようにして結果を保存して下さい。

swtws resolve-image --twitter WWWWWWWWWWWWWWWWWWWW,XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX,YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY,ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ path/to/tweets.tw > path/to/output.tw
例:この tw 形式のツイートがどのように変化するか示します。

https://gist.github.com/0000000000000000000000000000000000000000

![](twitter:999999999999999999)

Github

link
Stars: 23
Help us keep the lights on

Used By

Total: 1